二重整形に挑戦する時のポイント【明確なプランをもって挑む】

サイトメニュー

目元の整形で美しくなる

看護師

失敗しない整形手術

女性にとって二重まぶたであるか否かは重要な要素と言われています。一重だと印象が悪く見えたり、怒っているように見られたりしがちです。そんな一重の女性たちを救う施術が二重整形です。手術は大きく分けて二種類存在します。それぞれ特徴が異なるため、自分の目元に合ったタイプを選択する必要があります。一つは埋没法です。まぶたにメスを入れることがないので、患者の負担を最小限に抑えられる方法です。整形手術初心者の方に最適と言えます。やり方はまぶたに理想とする二重の線を描き、医療用に使われる糸で縫い合わせる手法となります。局所麻酔をするので手術中に痛みを感じることはなく、比較的短時間で終了します。ダウンタイムも一週間程度となっています。もう一つの方法は切開法です。こちらはまぶたの脂肪が多い人におすすめの施術法です。局所麻酔後にまぶたにメスを入れ、そこから余分な脂肪を取り除きます。その後で縫い合わせることにより、二重まぶたが出来上がるのです。切開法により作られた二重まぶたは元に戻ることはありません。半永久的に理想のまぶたを維持することができます。二重整形手術を行う前に重要となるのが、医師によるカウンセリングです。ここで自分が理想としている二重の幅を決定することになります。誤ったラインを作ってしまうと不自然なまぶたになってしまうので、医師と相談しながら慎重に決めなければいけません。手術料金はクリニックによって異なりますが、高額だからといって必ずしも安全というわけではありません。事前にクリニックの口コミをチェックしたり、無料のカウンセリングを受けたりするなどして医師が信頼に値するかどうか確かめておくことも大切です。整形手術を初めて受ける人にありがちなのが、施術中に目に力を入れてしまうことです。不安や恐怖から目元に力を入れると手術がスムーズに進められないだけでなく、術後の腫れも大きくなりやすいです。なるべく力を抜いて、リラックス状態で施術を受けることを心がけましょう。術後しばらくは目が腫れぼったくなりますが、数週間で収まっていくので心配ありません。目の腫れを気にする人は、ゴールデンウィークや夏休みなど、大型連休を利用して手術を受けることをおすすめします。

Copyright© 2018 二重整形に挑戦する時のポイント【明確なプランをもって挑む】 All Rights Reserved.