二重整形に挑戦する時のポイント【明確なプランをもって挑む】

サイトメニュー

美容外科でぱっちり目元に

目元に触れる女性

手術のメリットや特徴

二重まぶたの美容整形手術は一重に悩んでいる人やアイメイクをばっちり決めたい人などにおすすめです。切開法という切開をする二重の美容整形手術をすれば、大きくラインがくっきりとした目元になり、全体的に堀の深い顔立ちになれます。また、切開による外科手術をして形成した二重まぶたは取れる事はないので、一生そのままです。テープを貼ったりボンドを塗ったりして毎日苦労して二重を作るストレスから解放されます。気軽な気持ちで手術をしたいならプチ整形感覚で受けられるクイック法という手術があります。クイック法の場合は糸でまぶたを止めるだけなので、切開法と比較すると手術時間やリスクやダウンタイムなどが少ないです。時間が経過すると取れてしまうリスクがありますが、しっかりと糸で止めておけば長持ちします。クイック法はメイクをするような感覚で日帰りで受けられることができるので、一重を一時的に二重にしたい人に人気です。しっかりとカウンセリングをしてデザインを決めれば、ナチュラルで生まれつきのような目元になります。切開法ではまぶたに局所麻酔をしてからメスでラインに沿って切開します。ラインはカウンセリングのときに医師と話し合ってきめます。ナチュラルなラインや華やかなライン、自分がなりたい二重まぶたのラインを作れますが、一生そのままなことを考えて、後悔しないように決めることが大切です。手術時間は1時間もかからないほどで終わります。麻酔が切れて落ち着いたら帰宅できますが、一週間後に抜糸のために通院をする必要があります。抜糸をしたあとは腫れがだいぶ引いて、サングラスなしで人前に出てもよいほど落ち着いてきます。クイック法は局所麻酔をして20分〜30分ほどのプチ整形です。一点法だと時間が経過すると糸が取れやすくなるので、長持ちさせたいなら二点法または三点法がお勧めです。抜糸はないので手術をしたあとの通院は基本的に不要ですが、経過観察のための通院を勧めているクリニックもあります。まぶたの脂肪が多いとクイック法ができない場合がありますが、脱脂法をついでにすればぱっちり二重が作れます。

Copyright© 2018 二重整形に挑戦する時のポイント【明確なプランをもって挑む】 All Rights Reserved.