二重整形に挑戦する時のポイント【明確なプランをもって挑む】

サイトメニュー

女医

気軽にできるのが魅力

二重整形にはいくつか方法があります。外科的なやり方だと大きく分けて二つあり「埋没法」と「切開法」がそれにあたります。二重整形の人気の理由は手軽さにあります。自分に合ったやり方を見つけることでその成功もぐっと近くなるはずです。

詳しく見る

目元に触れる女性

美容外科でぱっちり目元に

切開法やクイック法は、憧れの二重まぶたになれる美容外科で大人気の美容整形手術です。腫れぼったい一重まぶたから解放されることで目元が華やかになってアイメイクがしやすくなり、さらにストレスからも解放されます。

詳しく見る

男性医師

腫れぼったい

きれいな二重まぶたは魅力がありますが、アイプチで強引に作るとまぶたを痛めます。やはり安全でくっきりした二重まぶたになるには、美容外科での手術がおすすめです。美容外科での手術には切開法と埋没法があり、手術前にカウンセリングを行います。

詳しく見る

目元に触れる女性

切る手術と切らない手術

二重にする際に気を付けるべきはリスクを避けることであり、その点埋没法は糸を抜けばすぐ戻るのでまずはこれを行いましょう。そのあとで切開法を選べばその二重の状態を維持でき、より堅実に美容整形が完了できることは知っておくべきです。

詳しく見る

看護師

目元の整形で美しくなる

二重整形手術には大きく分けて二種類あります。一つはメスを入れないため負担の少ない埋没法で、もう一つが半永久的に二重を維持できる切開法です。手術を受ける前に医師とのカウンセリングを念入りに行うことで、失敗のリスクを減らすことが可能です。

詳しく見る

埋没法は8万円程が相場

顔に触れる女性

手術後はすぐに帰宅できる

目力のあるぱっちりとした瞳を手に入れるために、二重整形手術を受ける人は多いようです。気になるのは手術にかかる費用ですが、手術方法によって費用は異なります。まぶたの裏側から糸で留める埋没法の費用は、両目で7万円から8万円が相場です。まぶたを切る必要がなく、仕上がりに気に入らなかった場合はやり直すこともできます。15分から20分と短い時間で手術が完了するのも魅力です。まぶたを切開して縫合して二重の線を作る切開法の費用は、両目で25万円から30万円が相場となります。手術の時に脂肪も一緒に取ることができるので、腫れぼったいまぶたも解消できます。切開部分に1センチ弱の傷跡が残りますが、時間の経過とともに目立たなくなるのが一般的です。ただ、埋没法のように気に入らなかったからと言ってやり直しはきかず、どのような二重にしたいと明確なプランをもって挑むことが大切です。まずは、埋没法で手術を受けて仕上がりを確認し、数年後に切開法で永久的な二重にする人もあるようです。二重手術の当日の流れは、手術方法によって変わります。埋没法の場合は、まず事前のカウンセリングを受けて二重の幅を決めてマーキングをします。その後、目元周辺を消毒して眼球麻酔の目薬を点眼し、笑気麻酔を吸って手術の準備が完了です。次に、まぶたの裏に麻酔注射をし、マーキングにそって糸で留める処置が施されます。最後は、鏡で仕上がりを確認して終了です。麻酔の効果が取れたら、そのまま帰宅できます。メイクも、手術後すぐにOKです。切開法の場合も、まずはカウンセリングを受けて二重の幅をマーキングし、目元周辺を消毒した後眼球麻酔の点眼と笑気麻酔を吸って手術の準備を整えるまでは同じです。まぶたの裏に麻酔注射をした後は切開手術が開始され、2回から3回、鏡で二重の幅を確認しながら手術が進められます。縫合が完了すると、ベッドに横になり目を冷やししばらく安静にします。麻酔が切れたら帰宅できますが、埋没法のように直後からメイクをすることはできません。洗顔は次の日の朝まで禁物です。

Copyright© 2018 二重整形に挑戦する時のポイント【明確なプランをもって挑む】 All Rights Reserved.